コンテンツ部門

クロスリテイリング株式会社のコンテンツ部門はクロスリテイリング株式会社のサービス利用者にご利用いただくユーザー向けの動画や資料、Webサイトなどのコンテンツを主に制作しています。

制作全般を担当するとあって、多くのスキルを身につけることができますし、クリエイター気質のスタッフが多い部門になります。

クロスリテイリングコンテンツ部門の記事一覧

サポート部門

クロスリテイリング株式会社のサポート部門はクロスリテイリング株式会社のサービス購入前、購入後サポートを手厚く行っています。

投資情報を扱っているクロスリテイリング株式会社では、ユーザーサポートに投資の知識が欠かせません。

入社前は未経験でも、プロ同然のサポートスタッフとして活躍することができる部門になります。

クロスリテイリングサポート部門の記事一覧

プロモーション部門

クロスリテイリング株式会社のプロモーション部門はクロスリテイリング株式会社のサービスの企画開発から販売まで、会社の売上の中枢を担う仕事を行っています。

自ら進んで新しいことに挑戦できる人や、人やものをとにかく動かしたい、人に届けるサービスを作り出したい人にピッタリの部門になります。

クロスリテイリングプロモーション部門の記事一覧

マーケティング部門

クロスリテイリング株式会社のマーケティング部門はクロスリテイリング株式会社のサービスの販売促進を行っています。

どのようにすれば、より多くのユーザーの手にサービスを提供できるのかと、さまざまな情報を分析し、テストを重ね実績を上げていく部門になります。

クロスリテイリングマーケティング部門の記事一覧

2泊3日で中国に旅行に行ってきました^^

こんにちは、青山です。

先日、人生初の中国に2泊3日で旅行に行ってきました!

急きょ海外旅行が決まったので急いで準備をしていたら、なんとパスポートの有効期限が・・・

戸籍謄本を取り寄せたりして、幸いにも家の近くにパスポートセンターがあったので、
旅立つ一週間前に無事にパスポートを入手できました。汗

中国に行く前は

・空気、街が汚い
・街が怖い
・ご飯が不味い

という、ニュースで見るイメージでしたが、
自分が行った上海はそんなことは一切ありませんでした!

むしろ、その逆で

・ご飯は美味しいし、
・中国人の方は優しくて親切だし、
・目の前に広がる景色は日本の何十倍も最先端を行っておりました!

そして、中国の一番の思い出は上海ディズニー。

上海ディズニー

日本のディズニーとは比べ物にならないぐらい広く、
一日回っても回りきらないぐらい、めっちゃ広かったです!

夕方に行ったので乗り物は3つぐらいしか乗れませんでしたが、
一つ一つのクオリティーがめちゃくちゃ高かったです!

その中でも特におススメしたいのが、

「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」

日本のディズニーでも今年の夏にオープンしたそうですが、全然比べ物にならないし、
全くの別物の乗り物です(※日本のソアリンに乗ったことはありません)

屋内のアトラクションで全世界の風景の上を空中散歩していくのですが、
それが凄いリアルで、実際にその場にいるかのような臨場感(乗り物酔いする人は酔うと思います)

しかも、風やその国の匂いまでも感じながら、世界を巡ることができます。

10回連続で乗っても飽きないですし、
上海ディズニー行った際はぜひ乗ってみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

このブログはスタッフの青山が執筆しました。

クロスリテイリングの取り組み

スタッフブログはいかがでしたか?

クロスリテイリングでは土日祝はもちろん、夏季休暇や年末年始もしっかりお休みを取ることができます。

帰省したり遊びに行ったり、お家で充実した時間を過ごしたりと、スタッフによって過ごし方はさまざまですが、非常に充実したプライベートを過ごしていますよ。

これも、クロスリテイリングはスタッフのライフワークバランスを大事にしているからです。

仕事とプライベートをしっかり分け、メリハリを付けた生活を送ってもらうことで、仕事の質が上がると考えています。

仕事の質が上がればそれだけ成果を出すことに繋がりますから、企業の売上に大きく貢献することになりますし、それが最終的には各々のお給料に反映されることになります。

つまり、仕事の質が上がることでプライベートがさらに充実なものとなるわけです。

だからこそ、クロスリテイリングは無駄な残業をさせることはありませんし、休日出勤を強要することもありません。
※もちろん場合によっては残業や休日出勤をお願いすることもありますが、正当な手当を支給していますし、振替休日の取得もあります。

「クロスリテイリングで働いてみたいな」と思われた方はぜひこちらの採用情報もご覧ください。